屋上防水をするには様々な方法がある~適切な施工方法を選ぶ~

防水工事を依頼する際は、信頼のある業者に依頼することが大切 防水工事を依頼する際は、信頼のある業者に依頼することが大切

屋上防水で実施する工法を選択

防水業者が取り扱っている防水工事方法はいくつか存在します。その中で、自分の住宅に一番あった工法を選ぶようにすると良いでしょう。ここでは、実際に業者が取り扱っている防水工事や、それぞれの特徴などを紹介していきます。

防水業者が取り扱っている工法

  • ウレタンゴムによる防水
  • 塩ビ製のシートを使った防水
  • 防水トップコートによる防水
  • アスファルトを屋上に貼り付ける防水

ウレタン防水は工事期間と施工費用を安く抑えられる

ウレタン防水工事は、主流の施工方法として知られています。作業工程が単純だということもあり、工事にかかる時間はそう長くありません。使用される材料も安いので、工事代が安くて済みます。耐久年数が短いというデメリットもありますが、塗り重ねをすることができるので、メンテナンス費用が高額になることがないのです。

最も耐水性や耐久性に優れているのはFRP防水

家と手のイラスト

最も耐水性や耐久性に優れているので、屋上防水をする際には打ってつけです。このFRP防水は乾くのが早いという特徴を持っているので、工事にかかる期間が非常に短く済みます。乾燥後は、プラスチックになってしまうので、上を歩いても問題ありません。

屋上を自由にコーディネートしたい場合は塩ビニールシート防水が最適

外観にこだわりたい人にはおすすめの防水材には、塩ビニールシート防水が挙げられます。これは、紫外線や熱に強いだけでなく、色の種類が豊富なので好きな色が選べる特徴があります。

ゴムシート防水は陸屋根の防水工事がおすすめ

シート状の防水材を使用するため、複雑な形をした屋根には向いていません。しかし、屋根が平面であれば、簡単に施工することができます。ゴムシート防水は、短い期間で施工が済むだけでなく、低コストなのが魅力的です。しかし、接着剤の耐久年数が短いというデメリットもあるので、定期的にメンテナンスをするなどして対応しましょう。

ここで紹介した施工方法のうち、どれが自分の住宅に適しているか分からない人もいることでしょう。何も分からないまま、適当に依頼すると選択を誤ることがあります。ですから、分からない場合は、一度業者に電話をして相談をすると良いです。

TOPボタン