屋上防水の施工の失敗例と体験談をいくつか紹介

防水工事を依頼する際は、信頼のある業者に依頼することが大切 防水工事を依頼する際は、信頼のある業者に依頼することが大切

実際に発生した施工トラブルの例

カビ

防水工事を行なう業者が適当な施工をする業者であれば、住宅に悪影響を与えてしまうことがあります。そうすると、依頼側との間にトラブルが発生するのです。このようなことは、全国各地で起きています。ここでは、屋上防水に失敗して、住宅に悪影響が生じてしまった人の体験談を紹介します。

屋上防水に失敗した方の体験談

工事によって住宅の外観が悪くなってしまいました(30代/男性)

築年数が長い住宅で生活をしています。最近、この住宅の屋根を防水加工してもらおうと思い、屋上防水をしてもらうように業者に依頼をしました。しかし施工の手際が悪く、塗り方にもムラがあるため見た目が非常に悪くなってしまいました。

施工後にまた雨漏りが再発してしまいました(30代/女性)

最近、屋上防水をしてもらったのですが、またすぐに雨漏りが再発してしまったのです。あまりにも早過ぎたので、屋上防水工事をやり直してもらいました。2回目はさすがに大丈夫だと思っていたのですが、また、雨漏りが再発したのです。施工は適当な上、請求だけはちゃんとくるので支払いたくなくなりました。

ウレタン防水は施工に失敗する可能性が高い

多くの業者がウレタン防水を取り扱っています。この工法は、施工を実施する業者の技術力によって、工事の出来が左右されるのです。ですから、良い業者を選ぶためには、事前に良さそうな業者を探し見極めておく必要があるのです。

専門知識の無い業者に施工を依頼するのは危険です

専門業者に仕事を依頼する主な理由としては、施工の経験があることやちゃんとした専門知識を持っているからです。ですから、専門知識のない業者に施工を依頼することはやってはいけません。それは、素人に工事を任せるのと同じくらい危険なことなのです。

施工を行なう際はいろいろな防水業者に見積もりを依頼しましょう

作業員

適正な工法を知りたい場合は、複数の防水業者に見積もりを出すことをおすすめします。最も基本的とされているやり方は、どの業者も共通して行なっているはずです。それを知るために、見積もりの内容を確認しましょう。複数の業者が似たようなやり方をして防水工事をするのであれば、それが正しい工事方法である可能性が高いです。

TOPボタン