屋上防水工事をするだけでなく、対策をすることも意識する

防水工事を依頼する際は、信頼のある業者に依頼することが大切 防水工事を依頼する際は、信頼のある業者に依頼することが大切

火災保険や防水保証などの対策で施工トラブルを予防

住まいにとって屋上は、非常に重要な役割を持っている場所といえるでしょう。もし、雨漏りが発生するようなことがあれば、家財に何らかの被害を受けます。ですから、屋根は常に完璧な状態でなければならないのです。そんな屋根を、突然のトラブルから守るためにも、火災保険や防水保証などを利用して対策しておきましょう。

施工トラブルの予防に役立つ対策

防水保証を用意しておく

防水保証の期間は最長で10年といわれています。防水保証は1年を過ぎたあたりから、住宅の経年劣化や、自然災害によって起こる雨漏りなどは、保証の対象とならなくなってしまうということは覚えておきましょう。しかし、それ以外の施工ミスなどが理由となり、雨漏りが発生した際は、防水保証はちゃんと適用されるので安心してください。通常、防水保証期間が10年もあれば十分です。もし、防水保証が用意されていない業者があれば、その業者に屋上防水を依頼するのはやめておきましょう。

万が一に備えて火災保険に加入する

火災保険に加入していれば、風災やひょう災によって家に被害があれば、保証が適用されることがあります。地域によっては、特に雪が多い場所や、特に台風被害に遭いやすい場所があるのです。もし、このような被害に遭い、住宅に何らかの被害があれば、迷わず保険申請をしましょう。しかし、軽量鉄筋の建物は頑丈なため、風や雪、ひょうの影響は受けないと考えられています。このことから、保証対象外になる可能性があるので、事前に確認をしておきましょう。

防水保証や火災保証に加入していれば、突然訪れるトラブルに備えることができます。もし、自然災害によって住宅が被害に遭うことがあったとしても、火災保険が適用されるので大きな損失を被ることもありません。しかし、場合によっては、適用されないこともあるので注意しておきましょう。

TOPボタン